【岡山理科大学×日の出工芸】スタンダードデザインがARで見られるようになります

※写真は開発中の画面です.png

平素より大変お世話になっております。

日の出工芸株式会社は、自社製品「Dimple Shade」のスタンダードデザインにおいて、
スマートフォンやタブレットにデータを読み込み、その場でパネルのデザインを確認いただけるARサービスを開発中です。

■経緯・背景

ARとは、実在する風景に3Dアイテムなどの視覚情報を重ねて体験することができ「拡張現実」とも呼ばれます。近年、AR技術は様々な分野において利用が拡大しております。
このような背景の中、お客様に設置後のイメージをよりリアルに体感していただくべく、弊社製品のARデータの公開を検討しております。
開発には岡山理科大学の馬淵大宇先生のご協力をいただいております。
2022年3月に行った実証実験でのアンケートでは、「AR体験によって設置イメージがより想像しやすくなった」「魅力的だ」という感想をいただきました。
現在はライティング、オクルージョンなどを微細に調整をすることで、さらにリアリティあるARモデルの作成に取り組んでおります。

■ARデータ公開予定製品

・Dimple Shade 全てのスタンダードデザイン

・RANMA 全てのスタンダードデザイン

・FRAME LINE 全てのスタンダードデザイン

■現在公開中のデザイン

Dimple Shade アート02
アート02.jpg

Dimple Shade メジレス03z
メジレス03z.jpg

Dimple Shade シルク04
シルク04.jpg

※ARをご覧いただくにはスマートフォンまたはタブレットへSTYLYアプリのダウンロードが必要です。

STYLYアプリのダウンロード・使用方法はこちら

ARモデルQRコードパネル_20220217_page-0001.jpg

操作方法(動画)
※タブレットからご覧の方