【LEDサイン】自社工場で製作。安心品質をつくる製作風景をお見せします

今回はLEDサインの製作についてご紹介します。

弊社は樹脂製LEDサインの製造を2003年頃より始めております。
当時オープンしたばかりの都内 某有名施設の内装にご採用いただき、
その後、内装用デザインパネルを展開していきました。

実はデザインパネルよりも歴史があるLEDサイン事業。
もしご存知なければ、​​​​​​このご案内を通じてご興味をお持ちいただけますと幸いです。
​​​​​​
​​​​​​■設計から製作まで自社対応! 一貫対応のLEDサイン
日の出工芸の工場社屋の写真

​​​​​​お客様からいただいた図面や資料を基に、釧路本社の設計担当が設計図をしたためます。
その設計図は隣接する弊社工場に引き継がれ、製作~発送まで一貫して行っております。
​​​​​
​​​​​​ベジテジや学芸大学店様に納めたG-Style
納入先:ベジテジや 学芸大学店様
製品:G-Style Neon-Ⅰ



■品質へのこだわり

弊社はすべての工程において
徹底した品質管理と仕上がりの美しさを大切にしています。
​​​​​​
▼機械による加工
レーザー加工機で加工する様子
​​
NCルーターやレーザー加工機を駆使し、設計図通りに​​​​​​加工していきます。
線の幅が狭い文字や、ネオン管のように丸みを持った形状も
正確に仕上げることができます。

ここで加工するのは特殊発光樹脂や土台の部分です。​​
特殊発光樹脂にはオリジナル配合の乳半色タイプを使用しているため、
LEDの光をきれいに拡散します。
​​​​
​​​​​​▼塗装作業
職人が塗装をする様子

ご指定の色を調合し、職人が工夫を凝らしながら塗装していきます。

▼組み立て作業
製品を組み立てはんだ付けする様子

加工した土台とLEDライトを、人の手で丁寧に組み立てていきます。
特に側面から光源(輝点)が見えてしまわないよう、慎重さが求められます。
また屋外仕様の場合は、防水処理も施します。

▼点灯試験
24時間の点灯試験の様子

24時間の点灯試験を行い、商品品質を必ずチェックしています。
テストに合格した製品だけが、お客様のもとに届けられます。


■G-Styleで豊かなサインコミュニケーションを

日の出工芸がご提案するLEDサインを「G-Style」と名付けています。
"G"というアルファベットは、曲線、直線、直角の要素を含んでおり
『お客様のイメージどおりの表現ができるように』​​​​​​という意味を込めています。

弊社のサインを通じて、お客様とその先のお客様、またその先のお客様・・・と、
豊かに続くコミュニケーションの一助となれますことを願っております。


***サンプルは東京ショールームに展示しております***

日の出工芸東京オフィスのLEDサイン展示


東京都港区にある弊社のショールームでは
LEDサイン「G-Style」シリーズのサンプルを展示しております。
お近くのお客様は、ぜひ実物をご覧にいらしてください。

日の出工芸 東京ショールーム
東京都港区南青山6-7-14 チガー南青山7F
ご予約はコチラ ▷ TEL:0120-522-671
※要予約となります。お気軽にお電話ください。

<G-Style 最新納入事例>

株式会社ミックウェアG-Style納入事例 鼎一G-Style納入事例 ベジテジや 学芸大学店G-Style納入事例