【デザインパネル】美しさにこだわった日の出工芸の"仕上げ術"

日ごろより、お客様から
「日の出工芸さんの製品は仕上がりが美しいね!」
とありがたいお言葉をいただいており、大変うれしく思います。
​​​​​​いつもありがとうございます。​​​​​​

今回は、日の出工芸の製品の"仕上げのこだわり"について
研磨部門にフォーカスして​​​​​お伝えしたいと思います。

日の出工芸の工場の仕上げ部門


​​​​​​■こだわり1 すべての製品を人の手でチェック

弊社ではNCルーターを使って、1mm単位で切削加工を行っています。
切れ味の良い刃物を使えば、切りっぱなしでも、納品できるレベルには仕上がります。

それでも、弊社はそこで終わらせません。
ほとんどの製品に、スタッフの手による「研磨」の工程が入ります。
この「研磨」が入ることで、見た目が美しくなることはもちろん、
その後の塗装の工程で塗料の密着度が格段に良くなります。

具体的には、機械加工の際に発生したバリを少しずつ削って、
サンディング(面荒らし)を行い、表面を整えます。

人の手で丁寧に研磨をしている様子

サンディングの工程は機械を用いることもありますが、
最終的には必ず人の手で仕上げています。
なぜなら手で触り、目で見ることで、
機械では見逃してしまうような​​​​​​小さな傷や細かいゴミを取り除けるからです。

加工の段階で生まれた傷は、パテ作業によってなめらかにします。
素人目ではどこにあるのか分からなほどの小さな傷も、
光を当てて見逃さず、手早く綺麗に埋めていきます。

DimpleShadeに丁寧にパテ作業を施す様子

■こだわり2 わが子のように、心をこめて

以前、あるスタッフが製品を指さしながら、​​​​​​こんなことを言っていました。

この子はこの後塗装するから...」
「次はあの子の研磨に入りましょう」

製品を"あの子"や"この子"と呼んで、
まるで自分の子供のように優しく扱っていました。
そして無事に納まった写真を見て、本当に嬉しそうでした。

弊社のスタッフは、ひとつひとつの製品をわが子のように慈しみながら
大切に、大切に、仕上げを施しています。


■仕上がりのビフォーアフター
DimpleShadeの仕上げのビフォー&アフター
※画像をクリックで拡大できます。

​​​​​​
​​​​​​■サンプルのご依頼・ショールーム見学も承ります

Dimple ShadeRANMAFRAMELINEDECO
の4製品は、全国どこでも送料無料でサンプルをお送りいたします。

その他の製品につきましては、
東京ショールーム(東京都港区南青山)にて実物をご覧いただけます。

ご検討の際は、ぜひ"こだわりの仕上がり"にもご注目ください。
​​​​​​
資料請求ダウンロードはこちら

お見積りお問い合わせはこちら