【展示会出展報告】「BAMBOO EXPO 15」出展のご報告

2021年5月25日と26日の2日間、
インテリアマテリアルの展示会「BAMBOO EXPO 15」へ出展いたしました。

緊急事態宣言の最中、感染症対策を徹底したうえでの開催となりましたが、
2日間で1439名にご来場いただくことができました。
会場および弊社ブースへ足をお運びいただきました皆様、誠にありがとうございました。

今回は五感で弊社の強みや想いを感じていただける
体感型のブースを構成いたしました。

ここではブースの様子や皆様からいただいたお声の一部をご紹介します。

■限られた時間で「想いの共有」を

今回のブースは、出展品を並べて展示する従来の手法を大きく転換し、
Brand Wall(ブランドウォール)」と「PARTSKUL(パーツクル)」で三方を囲う、
新しい構成での展示を試みました。



直接お会いすることが難しくなった今だからこそ、
たった一度の訪問が、これまで以上に貴重な時間となっています。

Brand Wallは​「Dimple Shade(ディンプルシェード)」や
G-Style(ジースタイル)」を組み合わせることで、
企業価値や商品価値を空間に具現化し、
限られた時間の中で、その空間でしか得られないイメージを共有できる
新しいブランドコミュニケーションの手法です。

今回のブースでは、弊社の想いを「波紋」という形にすることで、
本社のある「氷の街」北海道釧路市の雪どけ、
そして氷が植物の源である水となり、地球に還っていく「自然回帰」のイメージなどを
皆様にご体感いただきました。



また一辺には、
現場施工が楽になる組立造形「PARTSKUL(パーツクル)」を展示し、
表面には曲線のデザインを施し、美しい曲面と共に
弊社が得意とする立体的な空間創造を体感いただける展示となりました。



実際にご覧いただいたお客様からは
「3Dパネルの陰影がきれいで、CGを映し出しているのかと思った
面白い表現が作れそう。オリジナルオーダーが得意だからこそできる製品だ」
「自社も同じNCルータを使っているが、こんなに繊細な表現は不可能だ」
曲面に柄が彫り込まれているなんて、すごい!」
サスティナブル素材を用いた商品が並んでおり、知識が得られた」
「現在検討中の案件に合いそうなものが見つかった

といったご感想や、具体的なご相談を多数いただきました。
​​​​​​
その他の製品についてもサンプルをご用意しました。
特にご好評いただいた製品をピックアップしてご紹介いたします。

■FRAMELINE - 薄くて軽い、自由度の高い建築装飾 -


▲画像クリックで詳細ページをご覧いただけます

お客様からは、以下のようなお声をいただきました。
「軽くて曲がる素材なので、使い勝手がよさそう。」
「天井意匠の軽量化の動きに対応できそうだ。」
照明との組み合わせで今までにない天井表現に繋げられそう!」
​​​​

今回ご来場が叶わなかったお客様も、
ご興味をお持ちいただきましたら、どうぞお気軽にお声がけ下さい。
オンラインでの商談をはじめ、柔軟な形で対応させていただきます。

なお8月26日~27日に大阪で開催されます、
KENTEN2021』にも出展いたします。
関西地方にお住いのお客様は、ぜひご来場ください。

▼今回の会場風景をBAMBOO VIEW(3DVRビュー)でご覧いただけます。