アクリルを使用したサイン装飾パネル他、3D加工の製作事例紹介 Vol.010

20170829_TOP3.jpg

今回は内装用デザインパネル「ディンプルシェード」の製作事例のご紹介となります。

  1. 1.アクリルを使用したサイン装飾パネル
  2. 2.組子格子を思わせるデザインパネル
  3. 3.抜き加工デザインパネル

アクリルを使用したサイン装飾パネル


北海道の総合町民センター新築工事のサイン製作の依頼を受けてご対応させていただきました。
予算を抑えながらも他とは異なるサインが作れないかとのことで、弊社で実績のあるアクリルを使った
デザインパネルを活用したご提案を行わせていただきました。

acrylic_design-pannel001.jpg
デザインパネル「DimpleShade」の既存デザイン「アート02」を使用して製作を行いました、
総合案内板や室名サイン、突出サインなどに活用しています。

acrylic_design-pannel002.jpg

acrylic_design-pannel003.jpg

組子格子を思わせるデザインパネル


オフィスビルの共用部に和風の組子格子のようなデザインパネルを設置したいとのご依頼を受け製作を行わせていただきました。

asanoha_designpannel001.jpg
デザインパネル「DimpleShade」の既存デザイン「麻の葉」を使用して製作。
「麻の葉」に対して初めて抜き加工を行ったこともあり、強度の安全性を考慮して厚み40mmの素材での製作をご提案させていただきました。

asanoha_designpannel002.jpg
既存デザインのセミオーダー対応などまだまだ新しい表現方法があると気づかせてくれた案件となりました。

抜き加工デザインパネル


数年前に同様の案件を対応させていただき、今回増設とのことでお問い合せをいただいております。

hishinuki_designpannel001.jpg
前回は、はじめての試みということもあり安全性を考慮し下地の金物もセットで納品させていただきましたが、
今回は施工会社との打ち合わせで、下地金物とパネルを分離製作しても問題ないと判断。

パネルのみの製作となり総額での費用も抑えることが出来ました。

hishinuki_designpannel003.jpg


最後までお読みいただきましてありがとうございます。

弊社ではNCルーターによる3D加工を得意としています、
他社で製作が困難と言われるようなものでも形に致します。

定期的に製作事例の紹介を行わせていただきますので、
なにか表現などでお困りの際には一度お声がけいただけますと幸いです。