内装用デザインパネル「ディンプルシェード」の製作事例 Vol.009

201706top3.jpg

今回は内装用デザインパネル「ディンプルシェード」の製作事例のご紹介となります。

  1. 1.地域の特色を活かしたアートパネル製作
  2. 2.シンボリックなレリーフパネル
  3. 3.カウンターバックに設置するデザインパネル

地域の特色を活かしたアートパネル製作


函館にある本格スパリゾートの改修によるアートパネルの製作を担当させていただきました。

SPA_CASA001.jpg

クライアント様より「重量感」「モダン」「地域性」の3点のご要望をいただき、
函館特産のイカと五稜郭をイメージしたデザインをご提案。

SPA_CASA002.jpg

SPA_CASA003.jpg
当初はデザインは3D加工での製作でしか表現できないものでしたが、
納期や予算を考慮し2D加工&彫り表現にて対応出来るデザインに変更。
クライアント様にもご満足いただける仕上がりとなっております。

シンボリックなレリーフパネル


設計様よりいただいたラフスケッチを元に、弊社にてデザインデータの作成を行いご提案させていただきました。

kanazawa001.jpg
彫り幅の変化を持たせたいとの要望があったため
「枝」部分を細線 中線 太線の3種 「幹」部分にて合わせて4種類の線幅にて加工を行いました。

kanazawa005.png

kanazawa006.png

カウンターバックに設置するデザインパネル


病院受付のカウンターバック用にオリジナルのデザインパネルを製作致しました。
シンプルな掘り込みでも幅を変えることでメリハリのついたデザインとなっています。

sanai002.jpg

sanai003.png

最後までお読みいただきましてありがとうございます。


弊社ではNCルーターによる3D加工を得意としています、
他社で製作が困難と言われるようなものでも形に致します。

定期的に製作事例の紹介を行わせていただきますので、
なにか表現などでお困りの際には一度お声がけいただけますと幸いです。