某アパレル店舗内に設置するブランドロゴの3D切削加工の製作事例紹介 Vol.006

201703_top3.jpg

さまざまなデザイン表現に対応した3D加工の製作事例紹介。

第6回目のご紹介事例は以下の三点です。


・ブランドロゴのサンプルを3Dスキャナーで読み取りNC加工機で切削したサイン

・ホテルや施設で使用される階数表示やトイレ表示の立体サイン

・LEDサインとボール電球の組み合わせによるサイン看板

ブランドロゴの3D切削加工

某アパレルの店舗内に設置するブランドロゴを模ったサインを製作致しました。

羊型に加工したロゴサイン

既存のサンプル品をご提供いただき、3Dスキャナーにてロゴサンプルを読み取りデータ化、

そこからNC加工用のデータに変換し、NC加工を施しています。

厚みを調整することでご希望の予算内に収まるようにさせていただきました。

羊型に加工されたロゴサイン工場にて

クライアント様より柄や文字しか対応できないと思われることもあるのですが、

こういったデザイン加工にも柔軟に対応させていただいております。

丸みを帯びた曲面が特徴的な立体サイン

弊社ではデザインパネルやLEDサインだけでなく立体サインなども手掛けています。

ホテルなどのリニューアルや改修などが多くなってきている中で、

曲面が特徴的な立体サインが人気となっていますのでご紹介させていただきます。

ウレタン塗装仕上:黒(全艶)

丸みを帯びた立体サインDECO

ウレタン塗装仕上:白(3分艶)

丸みを帯びた立体サインDECOオリジナル加工

LEDサインとボール電球の組み合わせ

大手の商業施設内に入る飲食店のLEDサイン製作の依頼を受け対応致しました。


商業施設などではよく見かける、天井より金物を使用して吊るすタイプのLEDサインに対し、

マーキーライトなどで使われるようなボール電球を組み合わせることで

独特の雰囲気を持つLEDサインを作ることができました。

LEDサインとボール電球の組み合わせ

LEDサインのボール電球仕様図面

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

弊社ではNCルーターによる3D加工を得意としています、

他社で製作が困難と言われるようなものでも形に致します。

定期的に製作事例の紹介を行わせていただきます。

なにか表現などでお困りの際には一度お声がけいただけますと幸いです。