内装壁面施工の目地(クリアランス)問題を解決する加工方法

目地処理を楽にするデザインパネル「メジレス」

「メジレス」


弊社の製品である、不燃の内装用デザインパネル「ディンプルシェード」

その中に「メジレス」という商品があります。

その名の通り「目地(メジ)」「Less(レス)」目地が目立たない加工になっています。

壁面装飾の場合、設置面のサイズが広くなってくると、何枚ものパネルを合わせることで対応することになりますが

設置面の目地がデザインと異なる方向へ入ってしまう事でイメージが崩れてしまうことがあります。

そこでパネルとパネルの接合部分を柄に合わせてカット加工することで、

壁一面が一枚のパネルであるかのように表現できる仕様になっているのが「メジレス」です。

「目地(メジ)」。。。 「Less(レス)」!!


「メジレス」のビフォアアフター

今回の仕様を活用したディンプルシェードオーダー事例になります。


ESPRIT TOKYO

ご不明点やご質問等ございましたら、お気軽に「お問い合わせ」ください。

日の出工芸株式会社では、不燃の内装用デザインパネルやLEDサイン&切り文字の製造販売を通して、

設計・デザイナー様の空間デザイン表現のお手伝いをさせていただいております。