独自の切削加工と塗装技術で「本物」の質感を再現 | 日の出工芸株式会社メルマガ Vol.030

今回は2017年11月に東京都港区にオープンした
HOTEL 1899 TOKYO」へ納入させていただいた、
内装用デザインパネル室名サインの事例をご紹介します。

1908−H450-min.jpg

「HOTEL 1899 TOKYO」は
「現代的に解釈された茶屋体験」をコンセプトに建てられた地上9階建てのホテルです。
日本の伝統と共に日本人が長きにわたり大切にしてきた
"お茶文化"にふれることができます。

1908−1-min.jpg

本来の検討素材に限りなく近いオリジナルデザインパネルを

きっかけは、お茶をテーマにした意匠をご検討の際に、
オリジナルでタイルを製作したいとお考えになったことでした。

タイルにオリジナルの模様をあしらうのは現実的に難しかったため、
オリジナルパネルの実績が豊富な弊社にお声がけいただいたという経緯があります。


1908−2-min.jpg

最大のご要望は、同じ空間で使用するタイルに色や質感を限りなく近づけながら、
お茶をテーマにしたオリジナルのデザイン柄を表現したいというご希望でしたので、
弊社が得意とするNCルータによる切削加工が最適だと感じ、
不燃材料を使用したDimple Shade(ディンプルシェード)をご提案いたしました。

数度のサンプル検証を重ね「本物」を作り上げる

製作にあたっては、切削部分の立ち上がりの面取りやその R の数値、
タイル目地部分の細さや深さなどがデザイナー様のイメージと一致するよう、
数パターンのサンプルをご用意して検証を行い、形状を確定しました。

サンプルは一つのパネルの中に、数パターンの加工形状を切削し、
ひと目で比較できるように工夫しております。

190910_zumen1.jpg

190910_zumen2.jpg

1908−3-min.jpg

また弊社の塗装技術エンボス調塗装を用いることで、
タイル特有の微細な凹凸や、陶器の焼き物のような仕上がりを実現しています。

もともとの検討材料だったタイルの代替ではありますが、
できるだけテイストを近づけるべく、
御施主様やデザイナー様などと共に、ご納得いただけるまでサンプルや検証を繰り返したことで、
最終的に大変ご満足いただける仕上りとなりました。

1908−4-min.jpg

得意の塗装技術でまるで金属のような仕上がりに

今回は内装用デザインパネルとともに、室名サインも製作させていただきました。

1908−5-min.jpg

室名サインに関するご要望は大きく2つです。

・ブロンズ本来の色に近づけること
・金属特有のエッジを効かせること

ブロンズ本来の色に近づけるという点は、弊社が得意とする金属調塗装によって
ご満足いただけるものを提示することができました。

1908−6-min.jpg

一方、金属特有のエッジを再現する点については、
特に外周の凸部分のエッジを効かせるという点を強くご所望されていました。

今回はABS樹脂を使用したため、加工後は綺麗なエッジができましたが、
塗装で仕上げるとどうしても塗膜分だけ丸みを帯びてしまいます。
そのため塗膜を限界まで薄くするとともに、塗装サンプルによる検証を何度も繰り返し、
こちらも最終的にご満足いただける仕上がりを実現できました。

1908−7-min.jpg

御施主様からはデザインパネルの仕上がりを見て、
質感の近さやお茶をテーマにしたデザインの再現性の高さなどについて
大変ご好評をいただきました。

弊社としても、数度のサンプル検証を経て、
御施主様やコラボレートパートナーの皆様とともに素晴らしい製品が生み出せたことを、
本当にうれしく思っております。

「HOTEL 1899 TOKYO」の納入事例については、弊社HPでもご紹介しております。
こちらも合わせてご覧いただけますと幸いです。
http://www.hinode-gr.jp/works/product/ds/hotel_1899_tokyo.html

コラボレートパートナーとして


今回の案件は、設計デザイナー様や施工会社様との連携により、
美しい空間作りを実現できました。

今後も皆様のお手伝いができればと考えております。
何かお困り事がある際は、お声がけいただけますと幸いです。

  デザイン / 設計
  Gensler and Associates
  
  設計・施工:
  株式会社大林組(デザインパネル)
  株式会社ウェスト工房(室名サイン)

皆様も東京にお泊りの際は、
ぜひ「HOTEL 1899 TOKYO」で素晴らしい時間をお過ごしください。

<『HOTEL 1899 TOKYO』について>
今年創業120周年を迎えた老舗旅館「龍名館」様が
新ブランド「1899」名義で開業した初の宿泊施設です。

日本の"お茶文化"におもてなしの心をプラスした極上の空間の中で、
「お茶とともに過ごすゆるやかな時間の流れ」を思い思いに感じていただけます。

館内には「茶を食す」という新しい和食体験ができるデリスペースの他、
「茶バリエ」のいるレセプションスペースなどが設けられており、
新鮮かつホスピタリティあふれるおもてなしが感じられるでしょう。

190909-30.jpg

▼ HOTEL 1899 TOKYO
住所:〒105-0004 東京都港区新橋6丁目4番1号
HP:https://1899.jp/hotels/tokyo/
Google Mapで確認する場合はこちら

最後までお読みいただきまして、誠にありがとうございました。

弊社はNCルータによる3D加工を得意としており、
他社で製作が困難と言われるようなものでも形に致します。

また内装用デザインパネルだけでなく、LEDサインなども一括でお受けできるため、
お客様が実現したい空間作りのお手伝いをトータルサポートすることも可能です。

なにか表現などでお困りの際には、ぜひ一度ご連絡ください。

お問い合わせはこちら

また以下では他の納入物件事例も紹介しております。
ご検討の際はぜひこちらも御覧ください。

日の出工芸の納入事例はこちら