3D加工の製作事例紹介、さまざまなデザイン表現に対応 Vol.019

 1807-3.jpg

今回の製作事例は金属調に仕上げたディンプルシェードや商業施設インフォメーションサイン、置き型サイン製作やオフィスサインのご紹介です。


1.【まるで金属】アンティーク装飾調アート製作
2.【R形状に取付】ルーバーへの商業施設インフォメーションサイン
3.【デザインからご提案】オフィス新装に伴うオフィスサイン
4.【50mmの板を加工】オフィス用置き型サイン

【まるで金属】アンティーク装飾調アート製作

bronze3.JPG

結婚式場に取付けるアートのご依頼をいただきました。

ブロンズで作られたアンティーク装飾のようなものを作りたいとのご要望をいただき、協力会社にてケイ酸カルシウム板を金属調塗装とダメージ加工という珍しい手法で対応しました。

bronze1.JPG

表面には複雑な3D加工が必要だったため、パーツごとに製作したあと組み立てました。

今回のように金属素材に見せる塗装や、複雑な加工が必要な大きなアートのご依頼にも柔軟に対応いたしますので、お気軽にご相談ください。

【R形状に取付】ルーバーへの商業施設インフォメーションサイン


info1.JPG

円弧になったルーバーにインフォメーションサインを取り付けたいというご依頼をいただき、作成したものです。
R面にあるルーバーにサインを取付ける必要がありましたが、それでは文字を取付けるのが難しくなります。

info2.JPG

そこでベースとなる金物をR形状にしながら、文字ベースを少し浮かせることで、文字の取り付け部分をフラットにするという対応を行いました。

【デザインからご提案】オフィス新装に伴うオフィスサイン

ryuukyuu4.JPG

「オフィスを新装するため、少し変わったサインをつけたい」とのご要望をいただき、デザインから提案させていただきました。
沖縄にオフィスがあるため、琉球柄のデザインをご提案。また突き出しサイン部分は両面加工を行っております。

ryuukyuu3.JPG

また会議室に使用するものには在空表示用の窓を取り付けました。

【50mmの板を加工】オフィス用置き型サイン

okigata1.JPG

オフィス内に設置する置き型サインの製作をご依頼いただきました。
50mmという、NCルーター加工では対応できない厚みだったため、電動糸鋸を使った一体型加工を行っています。

okigata2.JPG

手作業で加工を行ったため、作業後の補修も含めて、時間をかけて仕上げていきました。


最後までお読みいただきましてありがとうございました。

弊社ではNCルーターによる3D加工を得意としています。
他社で製作が困難と言われるようなものでも形に致します。

定期的に製作事例の紹介を行わせていただきますので、
なにか表現などでお困りの際には一度お声がけいただけますと幸いです。

DimpleShade(ディンプルシェード)の納入事例はこちら

また、実際の製品についてより深くご理解いただけるよう、出張内覧会や説明会など
皆様が直接「見て」「触れる」ことができる活動も積極的に行っております。

展示内容(例)
・不燃の内装用デザインパネル「Dimple Shade」「RANMA(らんま)」
・LED サイン&切り文字「G-Style」
・サインデザイン「DECO」
・塗装サンプル
・各製品の納入事例集やカタログなど

内覧会・説明会の詳細はこちら